総量規制対象外とは?

総量規制は平成22年から本格的に始まった貸金業法の中の仕組みの1つで、借り過ぎを防ぐ目的で作られました。
個人が借りられる額は総額で年収の3分の1までという制限で、例えば年収が300万円の人は100万円まで借入れをすることができます。
ただし、複数社合わせた借入れ可能額が100万円ということになるため、注意が必要です。
 
また、この制限ができたことにより、年収が無いと借りられる額も0円になるため、専業主婦や無職の人は総量規制の対象となる金融機関では借りることができなくなりました。

アコムやプロミスなどの消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠は貸金業法が適用されるため、総量規制の対象となります。
銀行
一方で銀行法という別の法律を元に運営し、貸金業法が適用されないみずほ銀行や三井住友銀行などでの銀行カードローンの利用は、総量規制の対象外ということになります。

年収に関係なく借り入れできる点が大きいメリットと言えます。
そのため銀行カードローンでは年収の3分の1以上の借入れも可能となります。
借入れできる最高金額も消費者金融と比べ銀行カードローンの方が大きいため、借入れ限度額を大きく設定することも可能です。
 
また、消費者金融ですでに年収の3分の1の借入れがある人でも、新たに銀行カードローンを借りられる点もメリットと言えます。
ただし、審査の際に返済能力があるかを見られるため、実際に借りられるとは限らないので注意が必要です。
 
最近では銀行カードローンでも即日融資を行っているなど、消費者金融と同じようなサービスを受けられる銀行もあり、さらにメリットが増えてきています。

銀行カードローンを利用することができる人は、正社員だけではありません。
銀行によって異なりますが、20 歳以上であればパートやアルバイト、アルバイトなどで収入がある学生、働いていない専業主婦や年金で生活している人でも利用することができます。
中でも専業主婦は総量規制の対象となる消費者金融での借入れができないため、銀行カードローンでしか借入れができません。
 
家族に内緒で借入れをしたいという人は、銀行や限度額にもよりますが、同意書や郵送物無しで借入れができる銀行カードローンもあるので安心です。
また、普段から使っている銀行であればキャッシュカードにローン機能を追加できるところもあり、カードを見られても安心な方法で借入れすることも可能です。