銀行カードローンなら総量規制対象外で借りられる

主婦総量規制は平成22年に施行されたもので、多重債務を防止する目的で作られました。年収の3分の1を超える借り入れはできず、収入の無い専業主婦は融資を受けられなくなったのです。
しかし、総量規制対象外のローンなら申し込みはできます。銀行カードローンは貸金業法ではなく銀行法が適用されるので、年収での制限がありません。専業主婦の場合でも配偶者に安定した収入があれば審査も受けられますし、信用情報や利用履歴に問題がなければカードローンを使えます。消費者金融の場合は規制対象に含まれるので、申し込みはできても融資は受けられないでしょう。
しかし、銀行カードローンであれば必ず審査に通るという訳でもありません。どの銀行も融資が可能か診断できるコーナーを設けていますので、借りられるかどうか気になる場合はまず調べてみましょう。入力する項目は年齢、他社からの借り入れ件数や借り入れ総金額、住宅ローンの有無などです。
ここで他社からの借り入れ件数や総金額が多いと、融資を受けるのは難しくなります。総量規制対象外といっても、返済能力に不安があると貸付を行ってはくれません。カードローンを申し込みたいときは、他社に返済を済ませてから申し込むようにしましょう。
消費者金融と違い、金利が低い・延滞せずに使うと更に金利が低くなって返済がしやすくなるというメリットがあります。デメリットは即日融資が難しい、カードの発行までに時間がかかる場合がある点です。