借り換えローンは総量規制対象外の銀行が便利

銀行複数の消費者金融などからカードローンを利用していると、何かと不便なことも多いです。まずはその返済日です。毎月借りているローンの数だけ返済日がありますので、月に数回の返済日を管理しなくてはなりません。延滞などは絶対できませんので、そうなますとひと月ずっと借金返済日の心配をし続ける状態になってしまうこともありえます。さらに複数のローンを借りていますと、いったいどれがいつ完済できるのかがわからなくなりますし、借金総額も把握しにくくなります。ですので、できれば複数の借金は借り換えをおこなって一本化するのがよいのです。ではどういったところで借り換えローンを組んだらいいのでしょうか。まずは金利が低いところでないと意味がありません。さらにおまとめするためにはいまある借金総額を十分借りられることが大切になりますので、できることなら総量規制対象外であることが必要となります。総量規制対象外ですと年収の3分の1の規制をうけませんので、まとまった金額を借りることができるからです。そうした条件をクリアできるのは銀行になります。やや審査が厳しめといわれていますが、特に属性に問題がなければ借り換えローンとしてのメリットはとても大きくなります。一本化した借金は毎月1回の返済日の管理でよくなりますし、総額を把握することで完済への道筋もできますので、当然モチベーションも上がります。ですので借り換えローンを希望しているのであれば、まずは銀行を検討してみるとよいでしょう。