総量規制対象外なら専業主婦でも申し込めるカードローン

主婦一般的にカードローンをつくる場合には消費者金融で申し込むか銀行や信用金庫などの金融機関で申し込むかのどちらかになります。収入のない専業主婦の場合は、賃金業法で定められている年収の1/3までしか融資ができないという総量規制の対象になる事から消費者金融での申し込みができません。消費者金融の商品には総量規制対象外になっているものは、おまとめローンのような特例の商品だけになっています。
銀行や信用組合は総量規制対象外のカードローンになっていますので、配偶者に安定した収入があれば、申し込みをする事が可能になっています。
専業主婦が融資の申し込みをするのは総量規制対象外のものである事が条件になりますが、審査内容に関しては通常の場合と大きな違いはありません。職業がないので在籍確認は行わないので、即日のうちに審査が完了する金融機関が殆どですが、実際の借入限度額は低めに設定される事や金利も最も高い契約内容になる事が殆どなので事前に商品の概要を確認しておくことが重要になります。
また金融機関によっては、専業主婦用の専用商品を用意している所もあり、通常の会社員やアルバイトなどの人が申し込む場合とは金利や限度額などに違いがある事が多くなっています。借入限度額も契約初期段階の金額以上にはならない場合もありますし、中には継続的な利用をしている事で借入れ限度額の増額を打診してくるようなケースもあります。もちろん継続的な理由をしながら、返済に関しての延滞や他の金融機関枝の借入件数が大幅に増えた時などには増額が難しくなる事は会社員などの契約内容とさほど違いはありません。