カードローンは与信がおこなわれます

契約書カードローンの審査に申し込みをしますと与信がおこなわれます。与信というのは簡単にいうと申込者のこれまでのお金にかかわることを調べて判断することです。この与信をおこなう場合に参考にされるのが個人信用機関になります。これには申込者本人のこれまでのお金にかかわる履歴などが詳細に記録されています。ほかの金融会社で利用したカードローンやクレジットカードなどの履歴ものっています。さらに住宅や車のローンなどの情報も記載されていますし、ほかのカードローンやキャッシングの申し込み履歴なども残されています。このようなカード等使用の記録だけではなく、ローンを延滞してしまった時にはその時期や回数などについても書かれていますし、万が一任意整理や自己破産などの債務整理などをおこなっていた場合にはそうしたことも記録されているのです。そのためどんなに申し込み書に虚偽の記述をしても、結局はこの個人情報の記録でわかってしまいますので全く意味がないばかりか信用できない人だと判断されてしまうことになります。ほかに何社にも申し込んでいるような多重債務である場合も記録は残されています。こういった債務整理の状況や延滞などのデメリットな履歴がありますと、そのあらたに申し込んだ審査に通ることは難しくなります。また何社にも同時期に申し込んでいるような申込みブラックもあまりよくない印象を持たれてしまう可能性が高くなります。こうした個人の記録は開示請求できますので心配な場合には念のため調べておくこともできます。